水や汚れを弾くコットンパーカー
DEEPER'S WEAR【ONE SWING PARKA】

30,354,480
経過 1206
購入 2811
お気に入り 44
発想
企画
製造
発送
  • 2014. 7. 1

  • 2014. 11. 1

  • 2018. 6. 7

  • 2018. 10. 14

  • パーカーのフードって船乗りが雨風を避けるためにつけたもの。

  • ロゴとネーミング

  • 一振りで水滴を弾くONE SWING PARKA

  • そういえばやってなかった!ONE SWING PARKA撥水実験

  • タイムライン
  • 商品の概要
  • レビュー

タイムライン

2014. 7. 1
発想

色々調べてみたら、パーカーの語源はロシア語で、エスキモーが着ていた防寒着のことを指すらしい。

現代のパーカーのルーツは「ヨットパーカー」だと言われていて、船乗りが航行中に風が強い時や雨の時に被って避けるためにつけられたディテールだということがわかった。

ちゃんと実用的な役割があったのに、今はファッションディテールの1部になって残っているだけなんですね。

READ MORE
2014. 7. 1
発想
パーカーのフードってほとんど使う事ないよな。けどパーカーって世の中にたくさん売ってるし、毎シーズン似たような商品発売される。元々フードって誰が何のためにつけたんだろう?
READ MORE
2014. 8. 1
企画

単なるファッションディテールとしてだけ残っているのなら、すぐにでも役に立ってもらえるように、使える機能を付けてしまえばいい。

急に雨が降ったり、小雨が降ったりやんだりするときに、これを着ていれば大丈夫なようにしてあげればいい。

けどレインコートみたいにシャカシャカ系だと雨の日以外は着れないから、毎日着れるように、部屋の中でも着れるように、普通のコットンパーカーが水を弾くようになればいい。





そして、ちゃんと雨が防げるように、フードも少し大きめのものをつけよう。



READ MORE
2014. 9. 1
企画

新しいパーカーを作るなら、重かったり、洗濯の時の水分の重みで干した時に丈が長くなったり、他の問題も解消したいと思って相談したのはこの会社。http://www.isko.com.tr/ トルコにある世界最大手のデニム会社のISKO(イスコ)。

この会社はスウェットのような生地を、特殊な設計で作る特許を持っていて、その製法で作られた生地を採用させて頂くことにしました。



READ MORE
2014. 9. 8
企画
岡山県井原市にある株式会社田主商店といえば、繊維製品への撥水・撥油加工の加工技術を持つ会社。田主社長とはお互いに独立する前からの長いお付き合い。この会社に相談したところ、「余裕で出来ます!」と即答。技術を持つ会社にアイデアを持ち込むと、商品化まで一気にスピードアップします。
READ MORE
2014. 11. 1
企画

「ONESWING」というネーミングは、表面についた水滴を一振りで弾くという意味から名づけられました。

商品の特長をアルファベット一文字で表現するアイコンのデザインは、デザイナー田久保彬さんによるものです。「ALL YOURS」のカンパニーロゴデザインも田久保さんによるデザインです。



READ MORE
2018. 6. 7
製造

ワイの代表的な商品「ONE SWING PARKA

ALL YOURSが立ち上がった当初から存在する商品で、社運を賭けてクラウドファンディングに初めて挑戦したのもこのONE SWINGシリーズでした。


369人の方から3,989,240円をご支援いただき、今があるといっても過言ではありません。

MAKUAKEでクラウドファンディングに初めてチャレンジした「ONE SWING PARKA」

そんなONE SWING(ワンスウィング)の商品名の由来は一振りで水滴を弾くというところからネーミングされています。

では実際に一振りしてみましょう!!

えいっ!!


パーカーの表面についた水滴が振り落ちる様子がご覧いただけたと思います。


もちろん商品全体に同じ撥水加工がかかっているのですが、皆さんからよくいただくご質問があります。

どんなご質問かというと・・・

「リブも撥水するの?」

「さすがにジップ部分は無理だよね?」

「ワイも最近お肌が老化してきて、水弾きが悪くなってきて…ってやかましいわ!」

ではそのご質問に対しても今日は動画でお答えしようと思います。

まずはこの質問

「リブも撥水するの?」


パーカー全体の生地よりも目の詰まりがゆるく、柔らかい生地になっています。

ではいってみましょう↓↓

吸い込んじゃうんじゃない?と一瞬思いますがつるんと水がこぼれ落ちて行きました。 

なので答えは「リブ部分も撥水します」です。

続いてのご質問は「さすがにジップ部分は無理だよね?


アウトドアウェアのような止水ジップは使っていないので、質問される皆さんはジップと生地の取り付け部分から染み込んでしまう想像をされている方が多いようです。

真相はどうでしょう↓↓


ジップをすべり台のように水滴たちがすべり落ちてきました。

こちらも答えは「ジップ部分も大丈夫」です。
ここまで見せられると生地の裏側なんかも気になりませんか?
このタグがついている方がパーカーの裏側になります。


ではリクエスト??にお応えして↓↓


さすがに皆さんもう答えはわかっちゃいましたかね?

そうです。「生地の裏側も撥水します」です。
ひょっとしたら中にはこんな方もいるかも知れませんね?
「ONE SEING PARKA全体が撥水するということはムレるんじゃないの?」
安心してください!!
このONE SEING PARKAの撥水加工は水滴のような大きな粒は弾いてくれますが、ムレのような目に見えない細かいムレは逃がしてくれます!!
そして最後の質問「ワイも最近お肌が老化してきて、水弾きが悪くなってきて…ってやかましいわ!」
この質問のお答えこちら↓↓

メンテナンスを心掛けているいるため、答えは「まだまだ大丈夫!!」です。
身体もONE SWING PARKAも定期的にメンテナンスすることで更に長持ちします!!
ONE SWING PARKAのメンテナンス方法はアイロンや乾燥機で熱を加えてあげることで撥水効果が長持ちします。
コットンパーカーなのに水だけではなく油分も弾くこの「ONE SWING PARKA
1枚あるととっても便利ですよ〜

READ MORE
2018. 9. 15
発送


【水を弾くコットンパーカー】


という言葉とともに、ALL YOURSとして最初のアイテムとして2015年にリリースしたONE SWING PARKA










Instagramのハッシュタグ #OneSwingParka を見てみてね


天気は不安定でも心を晴れさせてくれる。そんな週7着、LIFE SPEC WEARのONE SWING PARKAに新色が登場



_DSF2057


_DSF2028



ありそうでなかったブラックボディ!切り返しはインディゴでもおなじみのグレー


ちょっと肌寒くなってきた今時期からマストで欲しいアイテムですよね〜



_DSF2006



いわゆる「スウェット」と比べると上品な表面に適度な起毛の裏地。


半袖の上から羽織るのを想定して作っているので腕は細身です。


細身と聞くと「そうか〜細身なのか〜」って方も多いのですが、


実際のところ、今よりももうちょっと寒くなる11月くらいになったら


中に+して長袖を着るのではなく、上にもう1着羽織るイメージで着ると


細身なのがプラスに働いて非常に袖通しがしやすいのです。袖が太いとゴワついて動きにくいので



_DSF2011



りりあんは身長160cmで、Size 2を着用しています。Size 1でも着れるけど、


ゆったり着る方が着心地が良いとのことでサイズアップ。


元々DEEPER’S WEARにしては線が細いのでサイズアップしてもダボつかず、


上品な感じ



_DSF2031


_DSF2027



僭越ながら、僕が着るとこんな感じ



_DSF2176


_DSF2220


_DSF2279



こんなカジュアルな格好したの久しぶり笑


自分で言うのもなんだかなぁですが、比較的手足は長い方だと思うのですが、袖の長さも問題なしです


ちなみに185ccmでSize 6を着用しています。


チャリンコ乗っても変にめくれてこないから良いんですよ〜


さらに撥水だけど風通しが良いのでナイロンジャケットとかと比べると蒸れにくいから


ちょっと汗ばむチャリ通でも不快感が少ないです。



_DSF2370



今日も何着か旅立っていきました。


数量限定なのでお早めに


→商品ページはコチラから←

READ MORE
2018. 10. 14
発送

よくある質問

「ONE SWING PARKAって何回くらい洗濯しても効果が持続するんですか?」


ふむふむ、確かに。それは気になりますよね。

まぁ僕たちにとっても大事なインフォメーションなのでもうバッチリ伝えているもんだと思っていたんです、、、が。



「どこにもない」


こいつは困った。

大事だとか言ってたのに大事なことを伝えれてない。


本当に大事なことを伝えたいのでタイガと一緒にとある実験をスタート

「ONE SWING!!何回目の洗濯まで撥水効果は持続するのか!!」

と、言うことで1回目。この時点でこの企画の大変さに気づいていないバヤシとたいが



たいが「まずは新品のONE SWING PARKAの撥水能力はと言うと、、、、?」






ばやし「おお、弾く弾く!見てて気持ち良いなぁ〜」



優秀優秀。と、言うことで


「いや〜実際のところどうなんですかね?2〜3回洗濯したらもうダメになったりして笑」



「いや〜それ笑えないよね〜。俺のONE SWING PARKAは1回もケアしてないからもうただのパーカーになってるけどね」




「まぁとりあえずやってみましょう、どりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」




「こいつ大丈夫かな、、、、」


そんな時に「ハッ」っと気づいてしまったんです。





「バヤシさん、この企画、、、」


「ん〜、、、あ〜、、、ん〜、、、。シリーズ化しよ!!!」


と言う、無理やりなまとめからONE SWING PARKAを洗いまくって、洗濯回数を繰り返してどの程度まで撥水能力が持続するか試してみます!


気になる1回目の結果は、、、?






「おお〜!さすがに1回目じゃ何もかわらないっすね」

「だな〜!この調子でやっていこう!」


次回!

洗濯5回目?!どこまで耐えられるの?ONE SWING!

READ MORE

商品の購入

  • ONE SWING PARKA

    COLOR:INDIGO

    10,800


    サイズの選択はこちらから
    カートに入れる
  • ONE SWING PARKA

    COLOR:H GRAY

    10,800


    サイズの選択はこちらから
    カートに入れる
  • OS150006

    COLOR:BLACK X GREY LIMITED COLOR

    10,800


    サイズの選択はこちらから
    カートに入れる
  • ONE SWING PARKA

    COLOR:INDIGO

    10,800


    サイズの選択はこちらから
    カートに入れる
  • ONE SWING PARKA

    COLOR:H GRAY

    10,800


    サイズの選択はこちらから
    カートに入れる
  • OS150006

    COLOR:BLACK X GREY LIMITED COLOR

    10,800


    サイズの選択はこちらから
    カートに入れる

商品を見る

CAMPFIRE